桐生戦兎のヒーロー像が浮き彫りに!劇場版 仮面ライダービルド Be The One

2018年の夏に映画館で観た「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」。

仮面ライダーデビューはビルドなのですが、様々な変身フォームや大人も楽しめるストーリー展開にすっかりはまってしまいました。今ではジオウも欠かさず観ています。

U-NEXTで、配信がスタートしたので、息子にせがまれたこともあり、早速観てみました。

劇場版 仮面ライダービルド Be The One

あらすじ

東都、西都、北都の戦争が終結したことを受け、パンドラタワーにそれぞれ知事を擁立し、新政府が樹立されることになった。

各首都には平和を維持するための新体制が築かれるが、その裏には仮面ライダービルドこと桐生戦兎(犬飼貴丈)のせん滅計画が立てられる。

住民は洗脳され、戦兎は無数の人々からターゲットにされ、追い回される。

住民だけでなく、仲間であったはずの石動美空(高田夏帆)や滝川紗羽(滝裕可里)、そして相棒である仮面ライダークローズこと万丈龍我(赤楚衛二)からも命を狙われることになり…。

劇場版 仮面ライダービルド Be The One感想

【早期購入特典あり】劇場版 仮面ライダービルド Be The One コレクターズパック(オーディオ・コメンタリー反省会スペシャルCD付[犬飼貴丈×脚本家 武藤将吾×大森敬仁 プロデューサー×上堀内佳寿也 監督]) [Blu-ray]

この映画は、本編の45話と46話の間の話ということで設定された映画でした。

でもきちんと映画っぽさがしっかりあって、仮面ライダービルドこと桐生戦兎が操られた民衆に追われまくるシーンがあったり、知事になったブラッド族の3名など魅力的なゲストがいたりして、きちんと映画として制作された作品でした。

追いかけっこシーンは結構長かったけど、インパクトは抜群。あれは北九州でエキストラを使った大規模ロケだったそうですね。

「せーんめつ!せーんめつ!」って言われながら追いかけられるシーンは映画ならではの迫力で、なかなか見ごたえがありました。

3人のブラッド族の配役もわたしは結構気に入っていて、松井玲奈が演じる才賀涼香なんてちょっと悪い事企んでるセクシー悪女って感じでめっちゃイイじゃないですか!変身姿があまりかわいらしくないのがちょっと気になりますが。笑

くすっと笑えるギャグもちりばめられていてビルドっぽい

S.H.Figuarts 仮面ライダーローグS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーグリス 『仮面ライダービルド』(魂ウェブ商店限定)

全体的にシリアスな展開ですが、ところどころにくすっと笑えるギャグがあるのは、ビルドだなぁって感じです。

捕まったヒゲ(氷室玄徳)とポテト(猿渡一海)を助けた内海のくだりなんて、これぞ!やっぱりこの二人のシーンはストーリーを柔らかくさせる存在なのですよね。映画でもこのシーンで笑いが起こってたなぁ。

そして、クローズビルドのフォームの変身シーン

「Are You Ready?」

「ダメです!」

これですよね。変身する際に万丈の動きが怪しかったあたりもふくめて、そして44話で同じセリフで「できてるよ」といった一海を思い出しながら見るとベター。余計にぷぷっとなりました。

劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneの肝は、2つ

父の意思を思い出すところ

パンドラボックスの悲劇が起きた日のことを、巧の記憶の中をたどって思い出す戦兎。

「父さんはどうして科学者になったの?」

「ラブアンドピースだ。父さんは、愛と平和のために科学者になったんだ」

ここですよ、ここ!

戦兎のラブアンドピースは、無意識の中で父から受け継がれていたということが分かる重要な内容でした。本編には出ない映画だけの重要な内容!思い出すことによって、巧の中にあったと忍の不信感を親子関係をきちんと修復させたシーンでした。

ただ一人でも誰かのヒーローであればそれでよい

仮面ライダージオウ RKFレジェンドライダーシリーズ 仮面ライダービルド クローズビルドフォーム

犬飼君は雨に打たれてつらそうな表情をしているのが本当に似合うなぁと思うわけですが、ここで伊能賢剛に「民衆に裏切られ、仲間に裏切られ、相棒に裏切られ、お前は無力だ。初めから何もない空っぽだったんだよ、桐生戦兎という人間は」という言葉によってさらに絶望の淵に立たされます。

桐生戦兎はエボルト曰く「偽りのヒーロー」なわけですが、それを改めて思わされるシーンでした。

そしてラストシーンでは、「いいんだよ、誰かの明日を作ってあげられたら、それで」と戦兎は最後つぶやきます。

仮面ライダービルド キャラクターブックNo.2-BIRTH- (TOKYO NEWS MOOK 741号)

この映画では、「桐生戦兎のヒーロー像」がはっきりと出た映画でした。仲間や万丈のことを大切にしていることもよく分かる内容だったと思います。

そして、彼のヒーロー像が「仮面ライダー平成ジェネレーションForever」の話にとって重要なキーになっているなと、両作品を観たわたしは改めて思ったのでした。

meg

最近Foreverを観たのですが、劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneを観てから観に行くと、桐生戦兎が発した言葉の重さが増すと思います。こちらのBe The Oneを観てない方は、合わせて観ておくと、より楽しめますよ!

ブラッド族を倒した時の戦兎と万丈の満を持してのハイタッチは、必見の価値ありですよ!

劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneは、U-NEXTで配信中です。31日間無料でいろいろ視聴できます。こちらの映画は有料ですが、無料ポイントで視聴ができるので、まだ観ていなかった方はぜひ観てみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です